トップページに戻る
infomation sports price reservation access stipulation


24時間溢れ出る天然温泉は,古くから胃腸病・糖尿病・神経痛・皮膚病の名湯として知られており,『三日入れば1年病まず』とも言われてきました。標高780mの高原は,澄んだ空気とおいしい水がストレスを解消し,きっとすばらしい健康がよみがえるでしょう。
●温泉の成分

 ◆ゆう出地 福島県耶麻郡猪苗代町大字蚕養字沼尻山甲2860番地)
 ◆温泉名  沼尻元湯
 ◆泉 質  酸性泉
 ◆泉 温  58℃(源泉) 42℃(浴槽)
温泉1s中の成分                              分析機関     福島県衛生公害研究所
水素イオン濃度(PH)                    1.85 溶存物質(ガス状の物を除く)2.568g/s
蒸発残留物                                  2,636         r/s 成分総計              2.568g/s
陽イオン                   r/s 陰イオン             r/s 遊離成分                  r/s  
ナトリウムイオン(Na+)      
カリウムイオン(K+)        
マグネシウムイオン(Mg²+)  
カルシウムイオン(Ca²+)    
アルミニュウムイオン(Al³+) 
マンガンイオン(Mn²+)      
鉄(U)イオン(Fe²+)       
水素イオン(H+)           
      合計     418.7 
             
42.0
13.8
31.3
213.6
77.6
1.3
23.2
14.2


フッ素イオン(F¯) 
塩素イオン(Cl¯)  
硫酸イオン(SO4²¯) 
炭酸水素イオン(HCO3¯)
炭酸イオン(CO3²¯) 
ヒドロ硫酸イオン(HSO4¯)


      計         1,971
2.9  
413.2
1,052.0
0.0
0.0
502.5




非解離成分
   メタケイ酸(H2SiO3) 
  メタホウ酸(HBO2)
  硫酸(H2SO4) 
     合計     178.7
溶存ガス成分
   遊離炭酸(CO2) 
   遊離硫化水素(H2) 
      合計      0.0

151.9
7.9
17.9


0.0
0.0
その他の微量成分 総ひ素         0.02r/s未満 銅イオン          0.03r/s
鉛イオン      0.05r/s未満 総水銀       0.0005r/s未満
適応症(入浴により改善が期待される疾患及び症状)
 慢性消化器病・糖尿病・リュウマチ性疾患・高血圧症・動脈硬化症・慢性皮膚疾患及び真菌症(水虫)
 運動器障害 (特に神経麻痺)・慢性婦人科疾患・月経障害・慢性重金属中毒症・抹消循環障害
 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・うちみ・くじき・冷え性・痔症・創傷・体質改善・病後回復期
 虚弱児童・疲労回復・健康増進
露天風呂は健康上(心臓病・高血圧)よくないと医学的見地から発表されました。
  それにしたがい当ホテルでは,お客様の健康を守るため,露天風呂を撤去し今後設置する予定は 御座いません。


●裏磐梯・磐梯高原



名山「磐梯山」によりできた、約300ほどの小さな沼が春夏秋冬それぞれに様々な表情を見せてくれ私たちを楽しませてくれる。裏磐梯、磐梯高原エリアには大自然を間近に散策するサイクリングロードなども楽しめる。

●磐梯山



日本百名山の一つである磐梯山は、猪苗代湖の北に位置した高さ1,636mもの山で、会津のシンボルとして地元の人々には愛されている。磐梯山周辺はウォータースポーツやフィッシング、スキーなど一年中賑わいをみせる。

●猪苗代



磐梯山を映し出す、猪苗代湖は実に美しい。春の桜、夏の湖水浴、秋の紅葉そして、毎年約1,700羽の白鳥が飛来する冬と四季を通じて見事な自然を間近で感じることができる。近くをSLが走るので白鳥、SLそして磐梯山の景観は絶品!また「蕎麦の里」といういうこともあり、そば屋が数多く立ち並ぶ。食べ歩きの旅に出て自分好みの一店を見つけてみてはいかが?

●五色沼・桧原湖周辺



明治21年、磐梯山の大噴火によりできた大小40もの湖沼群を総称して五色沼と言います。五色沼はエメラルドグリーンやコバルトブルーの水面色が特徴。およそ3.7kmの散策コースを進めば次々に現れる池や沼が楽しめ、それぞれの水色が異なり私たちの目を飽きされない。湖沼群のうちの桧原湖西岸には、エゾミソハギの群落が広がっている。

●吾妻山



山形県と福島県にまたがった吾妻山は東西に伸びる火山の連峰。標高2035mの吾妻連峰の山頂部には高原や湿原が多く、紅葉・スキーシーズンには多くの観光客で賑わう。日本百名山にもリストアップされている。


Copyright (C)2005 bandai highland hotel. All Rights Reserved.